ご予約はこちら

近隣の観光案内

周辺観光

養老公園

養老は8世紀のはじめにすでに年号にも使用されているほど古い歴史と由緒をもっている土地で、孝子源丞内の養老の滝の伝説は広く全国にも知られていますが、県営養老公園はこの養老の滝を中心に養老山麓の大自然を取り入れた東西約1.8Km、南北約600m、総面積78.6haの都市公園です。パークゴルフ場、テニスコート、こどもの国などがあり、1日中楽しめます。養老公園は、飛騨・美濃桜33選・紅葉33選にそれぞれ選ばれており、春は約3000本の桜が咲き誇り、公園一帯をピンク色に染め、秋には養老公園の入口から、養老の滝へと続く道全体がモミジや楓、イチョウなどの紅葉のグラデーションが見事です。

養老の滝

養老山麓に広がる養老公園の最奥部、巨岩老樹に囲まれた幽邃の地にある滝で、約30mから流れ落ちる水は、夏なお肌寒さを感じさせるほどの見事な景観だ。孝子伝説で有名だが、酒に変わったという水は生命を育む若返りの水であり、ときの天皇が「老いを養う水」にちなみ「養老」と改元したと伝えられるほどである。

養老神社

「養老孝子伝説」の源丞内ゆかりの神社といわれ、養老公園内にあり古くは養老明神といい、菊理媛命が祭神とも伝えますが、永正元年(1504年)菅原道真を合祀し、養老天神といわれていました。 境内には、今もこんこんと湧いている清水があり、孝子源丞内が汲んで老父にすすめたところ酒になったという伝説の水は、実はこの水であるともいわれ、菊水泉と名付けられています。養老の滝と共に「日本名水百選」に選ばれています。 毎年「春分の日」に春を告げる「若水取り」の神事が行われます。

養老菊水泉

「日本の名水100選」に選ばれている養老の滝・菊水泉は県営養老公園の中にあり、その水質はミネラル成分が豊富に含まれているだけでなく、良質な水として「飲めば若返る」といった言い伝えも残っています。言い伝えは合志『昔、貧しいきこりが、谷深い岩壁から流れ落ちる水を眺め、「あの水が酒であったらなあ」と老父の喜ぶ顔を思い浮かべたとき、岩から滑り落ちて気を失っていました。しばらくして、気がつくと、酒の香りがするので、あたりを見回すと、近くの岩の間から、山吹色の水が湧き出ており、なめてみると酒の味がしました。これを汲んで帰って、老父に飲ませたところ、大変喜び、すっかり若々しくなりました。当宿のお風呂はこの水を使用しております。

お千代保稲荷

「地元では「おちょぼさん」の愛称で親しまれている稲荷神社、「千代保稲荷」。京都の伏見、愛知の豊川と並び、日本三大稲荷の1つとも言われ、商売繁盛、家内安全などにご利益がある庶民の神様で、季節を問わず年間二百万人もの参拝者が訪れます。特に、正月三ヶ日や月末から月始にかけての月並祭は、多くの参拝者で賑わいます。参拝後は賑やかな門前町で飲食や買物も楽しめます。香ばしい川魚料理が千代保稲荷を代表する名物で、ナマズの蒲焼き、ウナギの姿焼きなどが人気です。

関ヶ原古戦場

慶長5年(1600年)9月15日、天下の覇権を狙う徳川家康とそれを阻止せんとする石田三成が関ケ原を舞台に繰り広げた天下分け目の戦い「関ケ原合戦」の舞台。国の史跡に指定されています。 開戦地をはじめ、徳川家康や石田三成などの陣跡には石碑が建てられています。笹尾山には展望図の看板とテープによる合戦の概要を説明する装置があり、徳川家康最後の陣跡近くには関ケ原町歴史民俗資料館があります。